ツールライクと犬と猫

動物とDIYなLife

スポンサーリンク

エルグランド E52 ALPINE BigX USBパネル埋込

こんにちは。

 

今日も以前所有のエルグランドE52につけていたナビ「ALPINE BigX」のiPhone接続用USBコードをパネル埋込するDIYを紹介します。

f:id:Skycrawler:20190324101242j:plain

スカイのちょっと間抜けな写真です。( ´艸`)

DIYには何の関係もありません。

(半開きの口!って言いたくなりますね。)

 

 

 

概要 

所要時間:1時間

難易度:★★☆☆☆

専門知識:低

 

必要なツール

  • 内張りはがし


LST 内張り剥がしセット パネルはがし12セット クリップクランプツール 自動車装備工具 内装はがしセット(内張り剥がし)

※まずはじめてみたいという方にはセットのものでよいと思います。

※私はクランプツール(鉄のアームの内張りはがし)は4種類くらい持っています。

  • ビニールテープ


エーモン ビニールテープ 赤・黒各1巻 幅19mm×長さ10m×厚さ0.2mm 1771

 

Let's 作業

1.パーツ

まずは、日産用のパネル計上したUSBを用意します。

f:id:Skycrawler:20190324102259j:plain


エーモン AODEA(オーディア) USB接続通信パネル 日産車用 2313

 もうこれさえあれば完成したも同然です。

配線はナビから出しているUSBケーブル(オプションケーブル)がメスなので、

このコードを接続するだけ。

 

2.内張りをはがす

f:id:Skycrawler:20190324102751j:plain

こんな感じですね。

手順としては、、、写真撮り忘れました。

①運転席側の中央下パネルを外す

  ねじ2本がボンネットレバー近辺に2本

②運転席左下パネルを外す

  クリップ2本 ※確か。。。

③プッシュスタートのついているパネルを外す

④助手席右下パネルを外す

⑤助手席ダッシュボード左側面の3角形のパネルを外す

⑥助手席ダッシュボードの木目パネルを外す

  ⑤で外したパネルの個所にねじ1本あり

⑦シフトノブを外す

  1.サイドブレーキをかける ※ちゃんと書けてくだいね。

  2.シフトをDまで下げる

  3.シフト下部のメッキを下に引き下げる

  4.クリップを取る(ピンをなくさないように!とるときに飛んでいきます!)

  5.上に引き抜く

⑧中央パネルを下から外す

  エアコンパネルまで外しておいたほうが作業が楽

  ※USBはクローブボックスまで持ってきていたためナビは

   外していません。

⑨USBをセット

  ※下記完成画像で確認して下さい。

  ※外れるともったいないのでちゃんとビニールテープで固定してください。

⑩逆の手順で戻す

 

となります。文字ばかりですみません。(*´Д`)

 

完成

こんな感じです。

f:id:Skycrawler:20190324103714j:plain

左の赤ケーブルが刺さっている部分です。

これでナビにつなげられます。

純正のボタンのところに埋まるので見た目Good!ですね!

ちなみに、中央のボタンもUSBです。

こちらは充電目的で増設してます。


槌屋ヤック オーディオパーツ 日産車系専用 USBポート VP-110

 上記手順とほぼ同じですが、

電源はシガーソケットからとっています。

 

自己責任にはなりますが、簡単なほうですね。

頑張ってください。

 

では。

 

f:id:Skycrawler:20190311211226p:plain