ツールライクと犬と猫

動物とDIYなLife

スポンサーリンク

猫の口内炎はかわいそう

こんにちは。

 

先日、クロラがエスカのご飯横取りの記事を書きました。

エスカがなぜ缶詰とドライフードを混ぜたご飯や

チュールをあげているかというと、、、

口内炎がひどいからです。

 

口内炎がひどくなってからは画像のように

キャットタワーの洞穴から1日中出てきません。(´;ω;`)

f:id:Skycrawler:20190906232117j:plain

 

 

 

猫の口内炎とは

hoken.kakaku.com

うちのエスカはずっとぺろぺろを激しくしたり、

えずくようにカッカッと声を出したり、

ひどい時には自分の爪で痛いところを

ひっかいたりしていました。

実際、口の中には5mm程度のできものから出血をしており、

また、その周りの中や外には爪でひっかいた傷が付いてしまいました。

 

口内炎になると

口内炎になると、ドライフードを食べると痛いようです。

したがって、ほとんど食べなくなってしまいました。

硬くて乾燥しているものは受け付けないようです。

体重も600gほど減ってしまい、

見るからにやせ細った感じになりました。

元々、アビシニアンは細い猫なので、

余計と細さが目立ちます。

 

病院を受診

病院を受診しました。

痛み止めで様子見、1週間後に再受診となりました。

エスカはちょっといやなことをされると暴れてしまう猫なので、

痛み止めは飲み薬とし、ご飯にかけて飲ませる方法となりました。

 

ご飯を変える

まずは、体重を増やす必要があります。

とかく、今や有名になったチュールをあげます。

f:id:Skycrawler:20190906233322j:plain

 

f:id:Skycrawler:20190906233332j:plain

f:id:Skycrawler:20190906233338j:plain

何とかこれは食べてくれます。

(イタグレたちは大騒ぎ。いい匂いのするおやつをお姉ちゃんが食べてるので。)

 

次に、缶詰です。

元々、尿路結石になりやすいエスカなので、ひとまず、、、

 これをあげます。

やわらかい缶詰なので、食べてくれました。(*´Д`)

 

病院を再受診(原因の想定)

1週間たったので再度、病院に行きました。

痛み止めのおかげか、少し元気にはなりましたが、

なぜ口内炎になったのか。

原因を探るためには・・・

 ①血液検査

 ②全身麻酔で眠らせてできものを採取して病理検査

を提案されました。

先生のおすすめはひとまず①血液検査でした。

暴れるエスカを選択袋に入れ、何とか採決すると、、、

「腎臓の数値が悪い」

ということが分かりました。
先生曰く、腎臓が悪い子の中には口内炎ができる子もいる、

ということでした。したがって、ひとまずはこれを疑い、

腎臓の治療を考えることにしました。

 

食事の再考 

腎臓治療の王道は食事療法。

たんぱく質の少ないご飯にして、腎臓の負担を減らす必要があります。

また、エスカのように 尿路結石の子が食べるご飯は

むしろ、たんぱく質が多いようです。

なので、至急変えました。

ご飯を変える条件としては、病院でのみ購入できるご飯は

受け取りに行くことが難しい時もあるので、選べません。。。

(ほんとは病院専用色でお気に入りのがあるのですが。。。)

したがって、我が家はこれにしました。

<ドライフード>

 

 <ウェットフード>

 

なぜ両方かというと、ドライフードだけではいたそうで食べれません。

なので、少量のウェットフードを混ぜてあげています。

また、気にする必要はないと思いますが、

保存料に「BHA」が含まれるものは避けています。

可能な限り自然素材の保存料を使用しているご飯を選んでいます。

 

その後

1週間たちましたが、少し活動するようになり、

痛みも少しは和らいだようです。

f:id:Skycrawler:20190906234807j:plain

一応、目力も少し戻り、活動してます。

1か月後、改めて病院に行って血液検査し、腎臓の数値を見ようと思います。

 

余談

f:id:Skycrawler:20190906235243j:plain

先輩の家にいるドーベルマン。

でかい、強い、やんちゃボーズです。( *´艸`)

 

 では。

 

 

モチベーションになるのでよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村