ツールライクと犬と猫

動物とDIYなLife

スポンサーリンク

【DIY】下回り塗装&サビ対応 ロードスター(NB)

こんにちは。

 

やはりDIYの醍醐味は

 ・思い通りにやれる

 ・コストが抑えられる

という部分がありますが、

 「やったもの(こと)に愛着がわく」

事だと思います。

物を大切にする気持ちが育つようにも思えるので、

いまさらになって学んでいる私です。

 

本日は、ロードスターを中古で購入したのですが、

あるあるの錆びがひどかったので

その対応をしました。

f:id:Skycrawler:20200124104843j:plain

 

 

 

 

 

概要

所要時間:3時間

難易度:★★★★☆

専門知識:低

作業自体は誰でもできるのですが、

リフトがあるなしで効率が雲泥の差があります。

今回はリフト作業にしたので難易度を★4つとしています。

なお、車検時にやってくるれる車屋さんもありますが、

奥のほうの錆び対応のため、そこまではやってくれません。

自分でやるほうが納得するまでできるのでお勧めです。 

必要なツール

・ドライバー

アンダーカバーを外すために使うくらいです。

 

・ジャッキ(3tくらいあると楽です。)

リフトがない場合はもぐる必要があるのでジャッキがいりますね。 

 

・ジャッキスタンド

4か所で完全に上げてしまうと作業が楽になります。 

 

 

 

パーツ

・シャシーブラック

ロードスターのサイズでさえ2本使うと思います。

余分目に買うことをお勧めします。

 

・サビチェンジャー

私はいつもこれを使います。

赤サビ→黒サビへ転換させてくれるものですね。

今回のロードスターは一部ひどく錆びているところがありましたので、

かなり重宝しています。 

 

作業

・作業前の下回り

全体としてはこんな感じです。

f:id:Skycrawler:20200124105943j:plain

赤丸部分をメインに塗っていきます。

画像ではきれいに見えるのですが、ええ、15年選手にしては

大変綺麗な車両で助かりました。

がしかし、、、ロードスターの良く錆びるところ

 ・トランク内のトレー

 ・サイドのエアロ内

 ・フロントのアーム

はもれなく錆びていました。

前々オーナーさんが長野だったようで、

さすが凍結防止剤。錆びさせてくれますね(;^_^A

他の個所はこんな感じ。

f:id:Skycrawler:20200124105933j:plain

f:id:Skycrawler:20200124110025j:plain

 

f:id:Skycrawler:20200124110015j:plain

特定のところ以外は本当にきれいでした。

錆びによる大きな穴ができている、などもなく、サビチェンジャーと

シャシーブラックの対応のみで強度的にも大丈夫そうです。

※ダメでも乗っちゃいますが。

 

・下回り塗装

完全に素人のスプレーとそうですが、それで十分です。

なんせ、次の車検(2年後)には取れているか汚れているので。

気にせずどんどん塗りましょう。

ただし、ブレーキディスクは塗らないように!

あと、オイルのかかる部分もやめたほうが良いです。

赤枠の部分が塗った個所ですね。

いつも見えないところでも塗るときれいになるので

達成感が違います!

若返りってやつですね( ´艸`)

f:id:Skycrawler:20200124110526j:plain

f:id:Skycrawler:20200124110517j:plain

フロント部分はこんな感じです。

f:id:Skycrawler:20200124110508j:plain

 

オイルタンクは塗っていません。


・サビ対応(サビチェンジャー塗布)

サビチェンジャーは刷毛(筆)塗で大丈夫です。

また、家やほかの機械・鉄製品のサビにも使えます。

写真はフェンダー部分ですね。

見えてる部分ですが、ボディーが黒系のため、

サビチェンジャーで黒くなると目立たなくなります。

 

塗布前

f:id:Skycrawler:20200124110942j:plain

わかりづらいですが、赤サビですね。

また上の凸凹しているところも、錆びている状態です。

本当は削ってサビを取る必要があるのですが、

ここまで言っていると切り取って半田(ハンダ)板金となりますが、

費用ので高額なので放置です\(^o^)/

 

塗布後

f:id:Skycrawler:20200124110953j:plain

ちょっと黒くなってきていますね。

このまま数日放置するともっと黒くなり目立ちません。

また、サビチェンジャーの上から塗装ができるので、

後日、近似色のタッチペンで塗っておきました!

 

ということで少しでも長く乗るために、

最低限の錆対応でした。

 

 では。

 

 

 

 

 

モチベーションになるのでよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村