ツールライクと犬と猫

動物とDIYなLife

スポンサーリンク

【DIY】車 ホーン取り付け(MITSUBA プラウドホーン)

こんにちは。

 

なかなか寒くなってきていますが、

私の住む地方、例年になく、雪が降りません。(;^_^A

大丈夫かなぁ。地球。

 

本日はホーン取り付けです。

f:id:Skycrawler:20200209124629j:plain

工賃としてはバンパー取り外しなしで3,000円~という感じでしょうか。

バンパー外さずにできる場合は非常に簡単なので

入門編としてはおすすめですね。

ちなみに、ジェームスで正月特価で激安でした。( ´艸`)

 

 

 

 

 

概要

所要時間:1時間

難易度:★☆☆☆☆

専門知識:中

 

必要なツール

電工ペンチ

ちょっとだけ配線加工が必要なので。

 

ワイヤーストリッパー

これも配線加工に使います。

 

クランプツール 

クリップを外すときに使います。 

 

ラチェット

 

ソケットセット 

 

パーツ

プラウドホーン

ほんとはこれを付ける予定ではなかったのですが、

正月でとても安かったので選びました。

が、今までプラウドホーンは何個も利用してます。

軽などのスペースがない車でも取り付けやすく

音質もよいためです。

 

クワ型端子

アース(-)を接続する際に使います。

 

平型端子(メス) 

これもアース(-)を接続する際に使います。

 

 配線コード

これもアース(-)を接続する際に使います。 

 

作業

純正ホーン取り付け場所確認 

ランクル200の取り付け個所はフロントグリルの中で、

普通に見えてますね。(;^_^A

f:id:Skycrawler:20200209125940j:plain

これが左右に2つついてます。

 

純正ホーン取り外し

ボンネットを開けてグリルの上にあるカバーを外します。

赤丸のクリップを外す必要があります。

f:id:Skycrawler:20200209130134j:plain

この画像に入っていない個所にもクリップがあります。

クリップの外し方は、

真ん中を押してから抜くです。

f:id:Skycrawler:20200209130216j:plain

 

f:id:Skycrawler:20200209130226j:plain

全部でクリップは7個あります。

純正ホーンがしっかり見えるようになります。

f:id:Skycrawler:20200209130554j:plain

なぜランクルにこのホーンを付けるのか。。。

TOYOTAのコストダウン、おそるべし。

マツダなんて純正ホーンがユーロホーンついてるし。。。

このホーンを取り外します。

ラチェットと10mmソケットで外せます。

f:id:Skycrawler:20200209130604j:plain

 

f:id:Skycrawler:20200209130613j:plain

左が純正、右がプラウドホーン。
プラウドホーンは小さいほうなのですが、

それでも純正の貧弱な事。。。( `ー´)ノ

 

配線加工しホーンへ取り付け

ランクル200は下記画像の赤枠のパターンになります。

f:id:Skycrawler:20200209130955j:plain

したがって、ボディーアースの配線が必要となります。

ホーン裏側の平型端子の下側にボディーアース用の配線をつなげます。

2個あるので配線も2本必要です。

f:id:Skycrawler:20200209131101j:plain

配線加工に必要な材料はこちら。

f:id:Skycrawler:20200209131205j:plain

配線を加工していきます。

配線は20cmくらいを2本、切り出します。

そして片方の被膜をワイヤーストリッパーで剥きます。

f:id:Skycrawler:20200209131215j:plain

平型端子(メス)を付ける前にねじって2つ折りにすることで

確実に接続することができます。

f:id:Skycrawler:20200209131225j:plain

 

f:id:Skycrawler:20200209131235j:plain

f:id:Skycrawler:20200209131244j:plain

電工ペンチでカシメます。

これを2本作製します。

f:id:Skycrawler:20200209131256j:plain

次にクワ型端子をもう片方につけます。

つけ方は平型端子と同じです。

f:id:Skycrawler:20200209131542j:plain

f:id:Skycrawler:20200209131531j:plain

あとは配線をホーンに取り付けます。

f:id:Skycrawler:20200209131653j:plain

f:id:Skycrawler:20200209131703j:plain

上の平型端子は車両から出ている配線をつなぐので

これで配線加工は完成です。

 

ホーンの取り付け 

取り外した時と逆の手順で取り付けます。

取り付けるとき、ホーンのステーの車両側のボルトを締めるときに

クワ型端子も共締めします。(ボディーアース)

そして純正のコネクターの内部はだいたい平型端子になっているので、

ホーンの上の端子に接続します。

f:id:Skycrawler:20200209131821j:plain

 

f:id:Skycrawler:20200209131832j:plain

プラウドホーンの取り付け完了。

グリル上部のカバーを戻します。

クリップの取り付けは最初に芯を抜いておきます。

下記画像のようにクリップをセットして

f:id:Skycrawler:20200209131842j:plain

芯を押し込むだけです。

f:id:Skycrawler:20200209131852j:plain

完成\(^o^)/

グリルから見える感じはこんな感じです。

f:id:Skycrawler:20200209131902j:plain

バンパー外さなくていい場合はこれだけで交換できてしまいます。

ネットで買って自分でつけるとショップで取り付けた際の費用の

半額で済みます! 

 

 では。

 

モチベーションになるのでよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村