ツールライクと犬と猫

動物とDIYなLife

スポンサーリンク

イタグレ多頭飼いは仲良くなるもの??

こんにちは。

 

車が来たので朝から晩までいじっていました。

いじる楽しさ、自分で取り付けすることで工賃を節約する喜びに

満たされた週末でした。

 

さて、我が家はイタグレ多頭飼い。

イタグレを飼っているお宅は多頭飼いが多いのかと思います。

たまに

イタグレ/ミニピン」「イタグレ/ウィペット」の組み合わせにも

出会うことがあります。

我が家は「デカグレ/ムチグレ」の多頭飼いです( ´艸`)

f:id:Skycrawler:20200126215645j:plain

 

 

 

 

イタグレ多頭飼いを考えたきっかけ 

我が家にはすでに猫3匹(すべてメス)がいた中で、

スカイを向かい入れました。

最初は猫たちが殺気立っており、小さかったスカイは、

引っ込み思案?のところもあり、おびえてました。

1か月もすると慣れてきて、猫たちも怒らず

スカイもちょっかいを出さずに生活できるようになりました。

ただ、何となくイタグレから猫グレに変わってきていることを

感じていました。

f:id:Skycrawler:20200126215947j:plain

基本的には寝てばかり。

ご飯も一気に食べず、猫のように残す。

我々も猫と同じようにご飯をずっと置きっぱなしとしてしまい、

猫食いの犬(一気に食べず、ちょこっと食べて残しておく)に

なっていました。

散歩は好きでしたが庭に出しても走ることが少なく、

公園にはたまに連れていきますが、家ではもっぱら静か。

これでは犬としての人生を楽しめてないのでは?

と考えるようになりました。

f:id:Skycrawler:20200126220229j:plain

そのスカイの生活を盛り上げるためには、

犬を向かい入れ、2頭でじゃれあうなど、活発になる、

また、競争が生まれもう少し元気のあるイタグレになってくれることを願って

シエルを向かい入れることにしました。(^^)/

 

 

 

イタグレ2頭の生活 

スカイは神経質なところがあるので、

最初はかなり唸っていました。

シエルは元気いっぱい、興味津々なので、

スカイにも、猫のおねーちゃんたちにも近寄ります。

でもみんな逃げてばかり。

スカイも近寄らせませんでした。

 

ちなみに、2頭で暖をとるなんて夢のまた夢。

スカイは一人でイタグレホイホイにまんまとつかまり、

ホットカーペットでぬくぬくして寝てることが多かったです。

これはホットカーペットで暑くなりすぎて

(*´Д`)ハァハァしてるスカイ。

f:id:Skycrawler:20200126220555j:plain

f:id:Skycrawler:20200126220551j:plain

おいおい、そんなにくるまる必要あるか??

でも我々はくっついて寝てくれることを願ってましたね。

そしてシエルが来てから3回目の冬の今年。

なんと2頭は寄り添って寝ることがだいぶ増えました。

また、二人で同じことをしたがる、

 ・同じおもちゃで取り合いをする

 ・ご飯を取り合いする

 ・競うように走る

 ・寝床を取り合う

 ・寝床を分け合う

など、一緒に行動、一緒に遊ぶ、一緒に寝るようになりました!

 

 

 

やっと待ちに待った光景が我が家でも見られるように。

スカイがお兄さん、シエルが弟といった感じも十分に見て取れ、

ほほえましい光景が増えました!

f:id:Skycrawler:20200126220828j:plain

寒い時、くっついて寝る。

お兄ちゃんのスカイを足蹴にしてねるシエル。

スカイが何かしていると「何してるの?」と覗きに来るシエル。

おやつは取り合い。

暴れた後は2人でまったり。

f:id:Skycrawler:20200126220810j:plain

そうそう!こんな光景が見たかった!

洋服もおばあちゃんにペアルックを作ってもらい、

散歩や買い物に連れて行くと、皆さんに声をかけてもらい、

仲良し兄弟として生活してくれています。

これからもずっと仲良しでいてね。

 

 

 

最後に、お友達を紹介。

先輩のところにいるボブ君です。

f:id:Skycrawler:20200126220758j:plain

ドーベルマン、かっこいい。

でかい、力が強い、やんちゃ。

我が家のイタグレたちはビビって近寄ることができません( ´艸`)

 

いつかボブ君とドッグランで遊べるといいね。

 では。

 

 

 

モチベーションになるのでよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村